こんにちわ!
7

今日から数日かけてサーブの基本をUPしていきます。

じらしているわけではありません…。

 

全部書いてしまうと、半端じゃなく長くなってしまうのです…。

 

 

サーブってそれだけ指導要素があるのです。

 

ってなわけで、本日のサーブのイロハはサーブの絶対的な必要な事柄を書いていきます。

 

サーブを打つときに、必ずと言っていいほど言われることがありますね!

それは、○番を狙え!

 

と、試合中に言われたことがある方は大勢いるかと思います。

 

 

でも、その時に限ってまったく逆のところに行ってしまう…。

そういう経験がある方も大勢いるかと思います

 

では、なぜ逆の方向にいってしまうのか?

 

普段のサーブ練習を真面目にやっていないから

とか

ただ打っているだけだから

 

と言ってしまっては本末転倒ですので、指導者がいるのです。

 

 

まずの8割はトスで決まります。

逆にトスの良し悪しでサーブの出来る出来ないがほぼわかります。

 

それほど大切です。

 

ではトスはどこに上げるのか?

 

 

真上ではありません。

サーブを打つときは、必ず前に移動しているはずです

 

ってか、前に体重移動ができていなければ、サーブはネットにすら届きません…

 

自分の一歩前にボールが落ちる

 

くらいのところにトスを上げるのが一番力が入りやすいかと思います。

が、サーブの種類によって若干異なるので、何とも言えませんが…。

 

その辺はまたいつしか動画にまとめます

 

よく100本サーブを打て!

とかしか指示をしない指導者がいますが、それは指導者ではないです。

 

100本何も意識せずにサーブを打つのと、20本何かしら意識してサーブを打つのではまったく違います。

 

1本1本トスをきちんとあげる。

 

という意識を持ってやると、1か月たてば大きく変わるはずです。